Lafu Nature

野鳥や山野草など自然をテーマとした写真を撮っています。昨年よりBORGによるカワセミの写真にもはまっています。

猛禽

俺らぁ猛禽なんだでよぉ!「モズ」

こんなことを言っちゃあ失礼だが猛禽の中でこれほど人気のない鳥も他にいない。「モズ」が猛禽ではないと言う人もいるがいやいやれっきとした猛禽なのだ。この爪と嘴を見てくれ!いい面構えじゃあないか。わたしは好きなんだがねぇ。
今日はBORGでパチリ。

P2165689
P2165741
P2165707
P2165709
P2165718

芦原はMFがいい!「ハイチュウ」

今日はリベンジの日前日からの入れ込みようが自分でもよくわかる。特製のおにぎりと特製の惣菜まで自分でこしらえた。チョット遠足気分。今日はBORGで勝負だ。
「ハイチュウ」までの距離は前回で下見済み。BORGにはちょうど良い距離だ。欲をいえばもう少し明るさが欲しいが贅沢は言っておれぬ。あとはピンがうまく捉えられるかどうかだ。いざ勝負。
芦原ではAFだとなかなかピンを合わせづらいが、これくらいのスピードだとMFで充分対応出来る。BORG大正解だった。P1165167
P1165186
P1165217
P1165219
P1165220

「ミサゴ」の遊び場! BORGで

川原に身を潜めてジッと「ミサゴ」の降りてくるのを待つ。ここは「ミサゴ」の遊び場。採獲のためのダイブではない。水遊びでもない。何のために降りてくるのか分からない。黄金の足を洗いに来るのかそれとも羽根休めなのか。決まってここに降りてくる。BORGを構えてじっくり待つのだ。 わが相棒ジムニーは遠くからでもひと目で“あきみちゃ”と分かってしまうようだ。悪いことは出来ないねぇ!
待望の「ミサゴ」は三回目でやっと降りてきてくれた。

P1095090-s
P1095095-s
P1095096-s
P1095097-s
P1095098-s
P1095099-s

やっぱり迫力がちがう「オオタカ」!

近くに「オオタカ」の気配を感ずると小鳥たちは一斉に何処かへ身を隠してしまう。「ノスリ」や「ミサゴ」などとはまったく違う。すごい反射神経だ。この日も何度か現れるがそのたびにフィールドは静まり返る。見事なまでだ。成長の「オオタカ」はひと目でそれとわかるが。若はなかなかむずかしい。いつも「ハイタカ」と困惑してしまう。悩みの種だ。しかし「オオタカ」!迫力あるねぇ~。

DSC_4050-s
DSC_4052-s
P1095025-s
DSC_3882-s
DSC_3876-s
DSC_3866-s
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
最新コメント
  • ライブドアブログ