Lafu Nature

野鳥や山野草など自然をテーマとした写真を撮っています。昨年よりBORGによるカワセミの写真にもはまっています。

2012年01月

また遊んでやってください。「シノリガモ」さん!

外海の水がこんなにも綺麗な時はそうそうあるものではない。寒波の影響で内海は波がムチャ高い。仕方なく表浜に回るとこれがウソのようにまったく波が無い。
「シノリガモ」は3羽になってしまったが「あきみちゃ」と遊んでくれるには充分だった。
P1275574
P1275514
P1275529
P1275558

磯に映えるブルーバード!「イソヒヨドリ」

“寒風が吹きさらすなか、くそ重い三脚を担いで砂浜のなかをよくぞおいでくださいました。”とでも言わんばかりに「イソヒヨドリ」が出迎えてくれた。こんな時まず出てくるのは決まって男性の役目。大砲をかかえた御仁が四人も五人も来たんじゃあワシが出なくちゃあなるまい。そう言ってお出迎えいただいたようだ。愛想ぶんぶんに振る舞いポーズの連発。帰りには奥方まで見送りに出てきていただいた。
どうもありがとうございました。またきま~す。

P1275437
P1275383
P1275456
P1275462
P1275468
P1275477
P1275497
P1275501
P1275504

ゆっくりしてってよ!「カワセミ」ちゃん。

黄金池に「カワセミ」が帰ってきた。
一年振りだろうか?ここで愛するカワちゃんの顔を見られるのは。昨年の鳥インフルエンザと共に姿を見せてくれなくなってしまったカワ!近くでノスリやオオタカの姿が見られるので内心もしやとも思っていた。一時はつがいで飛び交うことも度々だったが非常にさびしいおもいをさせられた。
きょうはおもう存分愉しませてくれた。ゆっくりしてってよ
DSC_4670_1
DSC_4629
DSC_4631
DSC_4632
DSC_4633
DSC_4784_1
DSC_4785_1
DSC_4829

里山 田園の風景 「タヒバリ」

コハクのために?かどうかは知らないが田んぼに水が張られている。そうだとすればなんと心温まる話ではないか。これがホントの里山の考え方でしょうね。コハクだけではない。「セキレイ」や「タヒバリ」達にとってもまさに楽園?農家の方に感服いたしました。

DSC_4556
DSC_4553
DSC_4567

折角のおべべが…「コハクチョウ」

そんなところに座り込んだ折角のおべべが汚れちゃうだろうに!と思いたくなっちゃう。
明日の撮影会、期待した雪も思うように降ってくれない。仕方なくと云っちゃあ失礼だがあの「コハクチョウ」を覗いてみた。 なんと50羽にも増えているではないか。どこかのコハクが居なくなったと聞いた。ここに集まったのだろうか?それにしても間近にみるといろいろなしぐさはなかなかおもしろいものだ。

DSC_4537
DSC_4535
DSC_4543
DSC_4577
DSC_4582
DSC_4586
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
最新コメント
  • ライブドアブログ